バイナリーオプションの攻略説明書

テクニカル分析で過去から未来を推測

テクニカル分析で過去から未来を推測

テクニカル分析は統計学!過去から未来を推測する

予想的中率アップに欠かせないテクニカル分析

これからバイナリーオプショントレードを始めようと言う方や、まだ始めたばかりでこれからどんどんレベルアップしていきたいという方には是非ともテクニカル分析に関する勉強を進めていって頂きたいと思います。テクニカル分析とは過去の値動きから一定の法則や規則性を見出し、それが統計的に有意であると認められた場合に、その法則を導き出す数学的な公式が考えだされ、現在から未来への相場に適用されているものです。つまり、「絶対とは言えないけどこういう状況が発生したら高い確率で上昇(下落)するよ」ということを、数学的に公式化し、チャート等の視覚的な物として表現したのが一つ一つのテクニカル分析というわけです。

相場に対するアプローチやアイディアはこれまでたくさん生み出されてきましたから、その中から特に合理的で勝率の良いものがいわゆる「代表的なテクニカル分析手法」として広く知れ渡っているわけです。

分析の見方はトレンド系とオシレーター系の2つ

例えばオシレーター系と呼ばれる相場の過熱感を測るための分析手法では、連騰日数や続落日数、値幅、出来高(株式の場合)などからトレンドが維持される可能性が高い範囲と、いい加減反転する範囲の切り分けを行うことができます。

また、トレンド系と呼ばれる手法では、相場の現在の方向性をチェックし、その流れが強ければそのまま飛び乗って利益を得ようとするものです。

この二つを同時に使うと相反する結果が出る場合もあり、使い分けやミックスのさせ方についてはトレーダーそれぞれのセンスが問われる部分と言えるでしょう。私の場合はトレンド系で「強いトレンド発生中!」と出た場合にオシレーター系で「反転シグナル」が出ていないことを確認してから順張りで攻めるようにしています。これが一番の正解だとは言いませんが、一つの有力なやり方として機能しているので参考にして頂ければと思います。

これからテクニカル分析を学ぼうという方は、まずは一つか二つのやり方に集中して経験を積んだ方が良いでしょう。その方が上達の速度が速く感じるはずです。あまりたくさんのやり方を同時に進めると何が自分に合っていて何が合わないのかわけがわからなくなってしまいます。相場は逃げませんから焦らずゆっくり経験値を高めていけばよいのです。

[OPTION BIT]オプションビット

更新記事

バイナリーオプション攻略法

バイナリー解説特集

copyright(C)バイナリーオプションの攻略説明書