バイナリーオプションの攻略説明書

的中率の高いテクニカル分析

テクニカル分析の使い方とポイント

的中率の高いテクニカル分析

取引をしていく上では基本的にはテクニカル分析を利用して相場の流れと取引のタイミングを分析することになります。

テクニカル分析として的中率が高いとされる種類としては一目均衡表というものがあります。これは基準、転換、遅行の3つの線と先行スパンと呼ばれる2つの線で作られた「雲」で構成されているテクニカル分析であり、他に比べると情報量が多い種類です。多い分、使い方が分かれば相場の傾向と取引のタイミングを掴むには心強い存在となります。

使い方がよく分からないとされる人でも、雲の存在は誰でも簡単に相場の状況を判断することができる情報です。雲は抵抗線の役目を果たしているため、これが値動きのどこにあるかで現在の相場の傾向を一目で判断することができます。値動きの下にあれば、下落の支えになっているため上昇傾向、上にあれば上昇の支えになっているため下降傾向となります。逆に雲の中にある時はどちらか定まっていないと判断することができます。

一方で雲の厚さはその傾向の強さを表すものであり、薄いものであれば簡単に転換と終了をする恐れがあるということです。狙うのであれば雲の厚さが一定以上ある相場の時に取引するのを考えるといいでしょう。

一方で線の方は雲と全体の状態によって変わるので判断するのは難しい情報でありますが、基本的には転換線が基準線を抜けた時が取引のシグナルを出していると考えていいです。上に抜ければゴールデンクロスとして買いのシグナル、下に抜ければデッドクロスとして売りのシグナルを表しています。

他にも人によっては適切なテクニカル分析が存在する可能性もあるので、テクニカル分析の詳しい説明はバイナリーオプション攻略必勝サイトで確認するのがいいかもしれません。

更新記事

バイナリーオプション攻略法

バイナリー解説特集

copyright(C)バイナリーオプションの攻略説明書